一平くんのお話 ~ 世界編


8月15日、愛媛FCはホーム・ニンジニアスタジアムで、ぶっちぎりの首位、試合前まで8連勝中だった大宮アルディージャと対戦。3連勝中の愛媛FCとはいえ、最高の難敵を迎えてまさしく試金石の試合でした。結果は3-1で愛媛FCの勝利。

ハイライト映像はコチラ

正直、がっぷり四つに組んで勝ちきった試合だったと思います。これでプレーオフ圏内の6位に浮上。次節は23日の18時から、3位の東京ヴェルディとの対戦。アウェイ・味の素スタジアムでの試合です。愛媛に所縁のある方、ぜひ味スタにお越しください(ヴェルディ戦のサポートクラブの活動についてのページはコチラ)!

さて、「登場編」「飛躍編」とお届けしてきた「一平くんのお話」も今回で完結編。日本に留まらない一平くんの世界での活躍をまとめたいと思います。

2012年11月14日、ブラジルワールドカップのアジア・4次(最終)予選のアウェイ・マスカットでのオマーン×日本戦。ここで一平くんは初めての海外遠征を果たしました。日本代表の試合となると、いつもの愛媛FCやJ2の試合とは注目度が違います。民放のテレビ朝日での平均視聴率が30%という状況の中で、その裏で放送されていたNHK BS1において、日本代表サポーター席が映った瞬間、得体の知れないカエルがいる映像が全国に放送されたのでした…。

画像を今見てもなんか「目を疑いたくなる」画像ですが、このインパクトは凄まじかったようで、元・愛媛所属のエヒメッシ・齊藤学選手やJリーグ公式マネージャーだった足立梨花さんもツイッターで投稿したりしていました。
ちなみにこの日は、愛媛FCではバルバリッチ監督の解任が発表(クラブからのリリースはコチラ)された日でありました。こういう部分も空気を読めない(読まない?)一平くんらしいなと思ったりします…。
詳しくは以下のブログをご覧ください。

一平くんがオマーンに行った際のまとめ
http://blog.domesoccer.jp/archives/51998277.html

一平くんがNHK BS1に映ってしまった時のまとめ
http://blog.domesoccer.jp/archives/51998431.html

その後、一平くんはヨルダンにも遠征にいきました。
そして、2013年6月4日の埼玉スタジアム2002で行われた日本代表対オーストラリア代表戦でも日本代表を応援したくて一平くんはスタジアムにやってきました。しかし、入場は拒否されて、スタジアムの中には入ることはできませんでした。一平くんグッズ販売を行って愛媛FCが営利を得ているという事情や警備など運営のマネジメントの関係などいろいろ事情はあるんでしょうが…。しかし、一平くんは「日本代表を応援したい!」という気持ちで来ているので、入場が叶わなくても応援をやめません。この日はスタジアムの外で太鼓を叩いて応援を続けました。

その時の様子
http://blog.domesoccer.jp/archives/52035621.html

この試合では本田選手のPKで追いついて引き分け、日本代表はブラジルワールドカップ本大会への出場を決めたのでした。

そして、2014年6月に行われたブラジルでのワールドカップ本大会。
ブラジルに渡ってダメもとでスタジアムに行ってみると、なんと入場が許され、初戦のコートジボワール戦をスタジアム内の観客席で応援することができました。

その時のことをまとめたブログ
http://blog.domesoccer.jp/archives/52087541.html

ちなみに、この時の一平くんは日本代表応援モードということで青くなっておりまして。この青いバージョンの一平くんも愛媛グッズとして販売しております。

ちなみに一平くんはこの時の写真がFIFAのサイトにも登場。

そのリンク

そのことをまとめたブログ
http://blog.domesoccer.jp/archives/52087444.html

説明として”A fan dressed as a frog”と書かれていて、訳すると「カエルに扮したファン」ということになるのですが、正しくは「サッカーファンのカエル」です。中に人なんていません…。

また、世界の5人の名物サポーターにも選ばれました。

名物サポーターを紹介する記事のサイト

この記事の表題にもありますが、この5人はコカコーラ社が選出した方々。全世界を対象に選考されたこの中に入ってきたと言う点では一平くんも大したもんですね…。

こうやって世界にも活動の場を広げた一平くん。2015年になって、カンボジアの日系サッカーチーム「カンボジアンタイガーFC」を救うために、クラウドファウンディングによるマスコットのプロデュースを行いました。一平くんが生命を吹き込んだマスコットの名前は「ソンハー」くん。下北沢で行われたお披露目の様子は「カンボジアンタイガーFCの公式マスコットを、一平くんが勝手につくっちゃった」をご覧ください!

一平くんの活動は、愛媛から日本へ、そして世界へ広がっていっています。しかし、砥部で生まれ、ニンスタで育ち、愛媛FCと出会ったことで、Jリーグサポーターの皆さんに愛されている一平くんは、これからも愛媛FCのスタンドで愛媛サポーターと一緒に愛媛FCを応援し続けるでしょう。一平くんの根底にある「生まれ故郷、愛媛を愛する心」は永遠に不滅だからです。
11811555_872873536122602_2233965280795810347_n

皆さんも一平くんのように、故郷に対する想いや愛する街への想いを、スタジアムで表現してみませんか…。

以上、「一平くんのお話」と題したシリーズは一旦終了します。読んでいただいた皆さん、ありがとうございました。


You may also like...