サンフレッチェ広島が・・・

 サンフレッチェ広島が昨日清水に敗れて自力でのJ1残留がなくなった。中四国で唯一のチーム、まだまだ残留の可能性は残っているのだから頑張って欲しい。

 そもそも愛媛フットボールクラブはサンフレッチェ広島の下部組織としてスタートした。ユースチームの監督に広島にいた南宇和高OB和泉茂成監督と出向社員として迎え、年に一度Jリーグの愛媛開催が条件だった。

 私達が高校時代も当時のマツダとよく練習試合をした。土曜日の授業終了後出発、夜中にマツダの寮に到着、日曜の午前中ゲームをして午後には帰途に着いた。ハードな日程だったが日本リーグのチームとのトレーニングマッチはいろいろなことを教えられた。

 またサンフレッチェはユース年代の育成にも力を入れており、今回のオリンピック代表には森崎兄弟、駒野君の3人がエントリーされた。

 今西総監督のもと、一貫したチーム作りをしてきたチーム、是非J1残留を果たして欲しい。