サッカーと共に生きていく決断

スポーツ店でアルバイトをしながら中学生にサッカーを教えている21歳のコーチと話をした。

彼もまた「サッカーと共にいきていく決断」をしている。私がサッカーにのめりこんだのは大学3年生の時、中学生のクラブチームを立ち上げたのがきっかけだった。

大学4年の時、就職活動もせずサッカーの指導者の道を選んだ。彼は「僕にはサッカーしかないんです」と言う。でもそんなことはない。私と同じでたくさんある選択肢の中からサッカーをやっていくことを選んだはずだ。

みんな大きな可能性を持っている。それが自分にはこの道しかないんだと思った瞬間進む道は狭くなってしまう。視野も狭くなる。

彼は焦ってしまっていたようだ。私との話の中で少し顔色が変わった。次に会うときまた一歩成長した姿がみたい。