運動会を見て思ったこと

近所の小学校が朝から騒がしい。家での仕事を一段落させて妻と一緒に見に行った。
小学校では騎馬戦が行われた。ここで気になることが・・・。

生徒に対して先生がマイクを使って命令調で話をしているのだ。「立ちなさい」「座りなさい」「帽子を返しなさい」「やめなさい」等々。

これでいいの???「これで終りです」「座りましょう」「立ちましょう」とか他に言い方はあるのでは・・・。

こういう言い方をしなくては子ども達は言うことを聞かないのだろうか?地域の人や親がたくさんいる中で違和感を感じた人は少なくないはずだ。妻に話したら同じことを感じていたようだ。

今日の朝日新聞にはその教育現場のことが書いてある。公立の授業に民間の教材を使っているそうだ。塾の講師の方が教え方がうまいのだとある意味で認めているようだ。

教育のプロフェッショナル。教育に生徒は一コマ一人千円払っている計算になるそうだ。民間に頼るのは・・・。