こんなこと信じられますか?

今日、こういう話を聞いた。
サッカーをしている中学生の親が「子供が試合で交代させられても何の指示もない。どうして何も言わないのか?」といっているらしい。たぶん、子供からの話を真に受けているのだろう。
これを聞いて久々に「あきれた」。こんな話を正しい話としてできる、信じられません。

今の子供達は要求すれば大人が変えてくれると思っている。実際、私が教えていた高校生でもそうだった。自分の正義を通そうとしてくる。

しかし、実社会にでてこんなこと通用しない。仕事でミスをしてプロジェクトから外された。どうして外されたのか教えてくれることってあるのでしょうか。ないですよね。

学校社会では子供を守りすぎている。このサッカーチームでこの監督は解らないことはノートに書いて出せば返事をしてくれることになっている。今それに書いてくるのは数人しかいないそうだ。
ほとんどの子供は影で文句をいっているだけ。

これを監督の方に向けるのは親の役目ではないでしょうか?一緒になって家庭で監督批判、チーム批判をしている。これはどこのチームでもあることなのだが・・・。

学校スポーツでは早熟な選手が活躍する場合が多い。この年代は実社会に出るための準備期間。高校を卒業して、未熟なまま社会に飛び込むことは不幸です。サッカーは自分の判断を大事にするスポーツ。サッカーを通して何事にも打開する力を身につけて欲しい。
親や選手にはそういうメッセージを受けてとめてほしいと思う。

指導者にとってどうでもいい選手、嫌いな選手というのは絶対にいないのですから!!これだけは断言できます。