選挙へ行こう

政治家が信じられないからといって選挙に行かなくていいわけではありません。投票率が下がれば下がるほど、利益誘導を求めている人達の票が民意に反映されてきます。
選挙公約にあげられるのは、大半が高齢者に対するもの。これはお年寄りの方が選挙に行くからです。若い年代は投票に行かないから相手にもしていない。
この構図を打ち破るのが政治改革の第一歩です。
特に今回は参議院ですし、まずはここのところパフォーマンスだけというのが浮き彫りになった小泉政権の評価をする、これでいいのではないでしょうか?