散骨について

NHKでこんな放送をしていいのだろうか?と疑問を抱いたのが私の大好きな番組でもある「ご近所の底力」での散骨についての話。散骨については賛否両論あるものの私は反対です。

散骨こそ今の日本を象徴する自分勝手な考え方だと思っています。というのは今回の放送でも紹介された自分の庭に奥様の遺骨を撒いたものなどはいい話として取り上げられていました。この家が未来永劫、この方が暮らすのなら問題ないとは思いますが、ご主人もいつかは亡くなってしまいます。その時この家はどうなってしまうのでしょうか?未来の人には迷惑な土地ということになってしまいます。
そのために墓埋法というものがあって、未来永劫墓地として管理することになっているわけで、法の抜け道で家族のつながりを無視するような方式を助長する報道は今の時代に逆行しているとしかいいようがありません。
家族のつながり、これをないがしろにしてしまうのは寂しい限りです。