衆議院解散 総選挙

反対派のいっている反対の理由がよく分からないまま否決となってしまった。素人目で見ると小泉首相が言っていることの方が筋が通っているように聞こえる。政治に空白を作ってはいけないという意見もあるようだが、こんな状態だったらここで総選挙というのは今後の日本にとってとてもいいことのように感じる。ただし良かったとするかどうかは選挙に国民が参加してこそ。今回はこれまでの総選挙とは重みも違う気がする。
自民党は郵政改革に反対した方を公認しない方針だそうだ。これで自民党は2つに割れる。小泉自民党・公明党が過半数を取るのか、自民反対派が支持されるのか、民主党が漁夫の利で政権を取ってしまうのか興味はつきない。