未分類

相手のトップにボールを入れないのがトップの選手の守備での役割なのだが、どうすれば良いか?

簡単に言えばボールと相手トップの選手を結ぶ線上に常にいれば良いのだ。ボールが右に動けばそれに合わせて右へ、左に動けば左へ、相手トップにボー ...

未分類

ここからは4人の選手の守備時の役割に移る。
攻撃に比べ守備の時のほうが約束事が多くなる。あまり決め事決め事と思わずそんなものなのか程度で読んで欲しい。

まずはトップの選手の守備。
ここでの役割はただ一つ。縦へのボ ...

未分類

このテーマは悩んだ。考えがまとまらない。
実際、今でもまとまらないのだが、前に進まないので文章にすることにする。

パスの出し手と受け手がプレーの前にお互いの目を合わせて次のプレーをイメージする。これがいわゆるアイコンタク ...

未分類

トップの選手へ送るボールはどんなものがいいだろうか。

一番良いのはGKとの中間地点へのボール。クロスを上げる際にも狙いどころが絞れなければGKとの中間地点にボールを送ろう。

相手より一瞬早くボールに触れば得点。これが ...

未分類

4対4におけるトップの選手は攻撃の基点さらにストライカーとしての役割を担う。

底、サイドアタッカーの3人がボールを回している間に底の選手とサイドアタッカーの選手のマークしているDFの間(ギャップ、門)でくさびまたは裏へのボールを ...

未分類

クロスボールが得点になる確立が高いのは何でだろう?

相手DF(センターバック)が意識を2方に向けなければならないからだ。
直接マークしているFWとボールを持っているセンターバックだ。
これを常に頭を入れておけば分 ...

未分類

サイドアタッカーがクロスを狙ったとき、ボールを合わせる選手はどうすれば良いか。

ゴール前で合わせる選手は3人。一人はニアサイド、もう一人はファーサイド、最後の一人はペナルティスポット辺りで合わせることを考えておけば良いだろう。

未分類

クロスボールをあげる際にもう一つ。
狙う場所がある。ゴールエリアの前、後ろだ。
近いサイドのゴールエリアの角付近が二アサイド、遠いサイドの角付近がファーサイドだ。

二アサイドには低くて速いボールをキーパーの前に、 ...

未分類

 サイドアタッカーがマークを振り切り上手く相手の裏でスルーパスを受けてまず考えるのがゴールへの最短距離へのドリブルそしてシュート。
 これは中々実現不可能なので、クロスを狙う。
 クロスには2種類。早いタイミングで相手の裏を ...

未分類

サイドアタッカーが足元へボールをもらった時の選択肢は3つ。

1)ファーストタッチで相手の裏を取る
 これをまず狙いたい。相手に隙が合ったらどんどん裏を取ろう。

2)トップへのくさびのパス
 次はできる ...

未分類

サイドアタッカーにとって一番難しいのが自分のマークの外し方。
ポイントは5つ。

1)マークするディフェンダーはボールの動きとアタッカーの動きを同時に見なくてはならない。まずは同時に見せない工夫をすること。いちばん簡単なの ...

未分類

場面の想定が難しいのだが・・・。

┌────────┐
│        │
│   △A   │
│ .      │↑
│△B    △C│
│ \      │
│  \   ...

未分類

サイドアタッカーは縦の動きにこだわる。役割は突破。いかに相手の裏を突き相手の背後をとれるかにある。

底の選手、逆サイドのアタッカーと3人でボールを回しながら

1)ボールのないところでの駆け引き(オフ・ザ・ボール)でマ ...

未分類

具体的に底の選手の動きを示すことにする。


│ ●
│△ \
│   \
│    \ 
│  ▲←←▲

底の選手▲はサイドのアタッカー△にパスを出したら斜め後方 ...

未分類

オランダサッカーのポジション別の役割は次のようになっている。
3-4-3システムにおいて6番8番(オランダサッカーではボランチは5番でこの2人はコントロールミッドフィルダーと呼ばれている)の役割が4対4の底の選手の役割と一致する。 ...

未分類

 ダイヤモンドの底に位置する選手の役割。まず第一にあげらるのはサポート。ボールをつなぐ起点となりながらサイドの選手がボールを持ったら斜め後方にサポートする。
 底の選手がサイドの選手のサポートをすることでサイドの選手は思い切ってチャ ...

未分類

日本サッカー協会の指導指針には個々の役割を全体的な視点として捉えている。
ただサッカーにはいろんな局面があるので指導指針どおりにプレーしてしまうと多くの矛盾点にぶつかってしまう。

ここで4対4を取り上げたのは攻め4人、守 ...

未分類

 ミニゲームを行うにあたって、私の場合は遊びというよりはトレーニングになってしまう。
 各自の役割を明確にし、ポジション毎の動きに重点を置いている。だから最初は自由の部分が制限され面白くないものと感じてしまうかもしれない。

未分類

 4対4でまず重要なのがポジショニング。4人がダイヤモンドを作り続けることが大事である。
 長方形を作ってしまう場合が多いのだがこれではスペースを上手く使うことができない。

 4人の位置関係は一番後方に一人(底)、サイド ...

未分類

 私にとって4対4は本当に思い入れのあるトレーニングです。
 チームがリズムを失った時や調子の悪い時はこの4対4または7対7をよくやった。ここでチームの共通理解を確認するのだ。

 とにかくサッカーの原点は4対4。1対1の ...