裁くことと育てることの矛盾


 今日の新聞に審判について記事があった。もちろんJリーグの審判についてなのだが・・・。
 今年は審判について本当に考えさせられる年になった。ワールドカップのスペイン-韓国戦、イタリア-韓国戦、この試合は「裁くこと」について問題があった。今日の新聞の記事も「裁くこと」が話題の中心だった。

 この記事を読んで、今の育成年代(ユース年代以下)に当てはめると選手は育たない。後ろから押されたらファールだろう。でもファールを取ってしまったら耐える選手は生まれてこない。
 これが日本のいい選手に中盤が多い理由の一つだと思う。
 ディフェンダーのプレッシャーに耐えることのできないフォワード、審判が育てているのではないだろうか?ディフェンダーもちょっと触ればファールになってしまうため厳しいプレッシャーをかけることができない。
 以前高校チームでスペイン遠征を2週間行い、帰ってきてからの選手権予選では全てファール。選手はスペインの当りの激しさを経験して本当のサッカーをやった、と感想を漏らしていた。日本に帰っての試合は楽しくなかったそうだ。

 ルールブック通りに裁くことも重要。かつてオランダ代表のマルコ・ファン・バステン(中学時代彼のゴールを見てサッカーが楽しくなった)が度重なる後方からの危険なファールで選手生命を絶たれた。選手を守ることも審判の役目。でもこれはプロ選手。

 育成年代で厳しいジャッジで選手を可愛がって本来プロになるべきでない選手をプロにする必要はない。どんな厳しいファールにも耐えられる、理不尽な判定にも動じない選手。育成年代にはこれが必要!


You may also like...

1 Response

  1. foot001 より:

    SECRET: 0
    PASS:
     怪我させないことが最重要の試合だから(でも細くて怪我する選手も多いけど)アマチュアの試合はそんなものなのかと思っています。海外経験を繰り返すと怪我し難いようにプレーも持ち過ぎず、当りに強い体を選手自身が心がけるように変ってくる。でもこれは変ですよね。選手を育てるのに国際経験や国際交流の経験がどうしても必要だなんて。どこもそんなにお金はないですよね。日本国内で強い当りで強化するのが当然のこと。筋トレじゃなくて、たくさん食べてたくさん寝て、緊迫した強いあたりの中でたくさんプレー出来たら当たり前に強くなれるはず。
     良識を持ったレベルの高い審判が育成されれば怪我を防ぎなおかつボディーコンタクトを楽しませる試合を演出できるはずですよ。もともとサッカーはイングランドで紳士同士が鍛えた体をぶつかり合わせて楽しむ男の楽しみだったんだから。原型はもっと肉体がぶつかり合う汗臭さい世界だったはず。日本の高校で当りを嫌う選手がいるのは何故だろう。綺麗にサッカーし過ぎなんじゃないかな。

コメントを残す