横浜Fマリノス戦雑感


記念すべき試合なので、試合自体の感想も残しておこうと思う。

前半15分までは緊張もあったのかマリノスのペース。大島選手のシュートがバー直撃など危ない場面もあった。オフサイドではあったものの江後選手がゴールネットを揺らしてからは一気に愛媛FCペース。マリノスを圧倒した。

ハーフタイム、私は会場を出て駐車場まで往復してきたわけですが、当然マリノス側の応援席を通らなくてはならず、そこで聞いた言葉は

「いくらなんでも愛媛は飛ばしすぎだ。後半絶対バテルよね。楽勝だ!」こんな声があちらこちらでで。。。

愛媛サポーターなら誰でも今日の前半がスタンダードなのは知っている。こんなことを言っているチームにきっと一泡ふかせられるはずだと会場をでました。もちろん私が会場にいないときに得点を奪うというのがこれまた愛媛FCのスタンダードです。

帰ってきたときにまだ同点、ちょっと嫌な予感はありましたが。。。

後半、延長と愛媛FCは全員サッカーで頑張ったものの力尽きました。終了のホイッスルが鳴ったときグランドに崩れ落ちたのがマリノスの選手だったことがこの試合の凄まじさを物語っていました。

途中出場の千島選手、今日はかなりパフォーマンスが高かったです。愛媛に来て一番の試合だったのではないでしょうか。最後のFKはかなり得点の匂いがしていたのですが、流れが来ていて決められなかったというのはまだまだ力不足ということでしょうか。今後の4試合が非常に楽しみです。

さて、試合前に配布しましたオレンジボードいかがだったでしょうか?色は蛍光オレンジで目立つものを選びました。一枚一枚厚紙に手作業で貼りあわせて、さらにコール表と利用方法も貼り付けました。今回は300枚でしたがもっと数が必要なようです。もしも作成を手伝ってくださる方いらっしゃいましたら、札幌戦泉岳寺オレンジハウスで観戦を兼ねていかがでしょうか?最終戦の三ツ沢をオレンジで埋めるにはあと3倍ほど必要なようです。


You may also like...

コメントを残す