審判の基準


何度か取り上げた審判の問題だが、高校サッカーでもジャッジの基準が変わるようだ。
日本の審判はルールに厳格すぎて、ちょっと押したとか掴んだとかで笛を吹く。海外で試合をしてくれば分かるのだが実際はなかなか笛がならない。
高校選手権の決勝戦、そういう意味では選手に優しくなくなってきているようだ。こうでなくては世界レベルの選手はでてこない。日本のサッカーのレベルを上げるためには審判にも協力してもらわなければならない。
フットボールカンファレンスでもこの点が問題提起されたそうだ。これが小学生まで浸透すれば日本のサッカーはもっともっとレベルが上がる。審判は番人ではないということを理解して欲しい。