日本-オーストラリア


勝たなくてはならない試合を落とした。流れも全て日本に勝利をもたらす流れだった。チャンスがあったにもかかわらず、攻撃に積極性がなかったこと、気持ちが入ってなかった(そう見えた)ことで勝利の女神は逃げていった。
最終ラインにこれ以上求めるのは酷というくらいよくやっていたと思う。あと一点欲しかった。玉田のスピードが生きたのではと思うが、坪井の怪我できっとゲームプランが狂ったんだと思う。誰もが勝てると心の中で思ってしまった(私は思った)ことでスキができてしまったのだと思う。

オーストラリアの諦めないその姿勢は評価に値する。勝つべきチームが勝ったということだろう。パワーと気持ちのあるグッドチームだと思う。

この敗戦の修正は難しい。でもまだ終わったわけではない。諦めたらそれこそ終わりだ。