3月4日町田サポーターの方々に対する「松山空港までのタクシーご乗車サポート活動」




FC町田ゼルビアサポーターの皆様、
このたびはJリーグご昇格おめでとうございます。開幕に期待膨らむ今日この頃かと存じます。
さて、愛媛FCをサポートするグループのひとつであります愛媛サポートクラブでは、3月4日(日)愛媛FC対FC町田ゼルビア戦におきまして、遠く町田からお越しくださる方々のなかに、当日の飛行機の最終便で羽田にお戻りになられたい方が多いことを伺いましたので、以下の「松山空港までのタクシーご乗車サポート活動」を行います。あいにくニンジニアスタジアムには通常待機しているタクシーがいないことから、以下のようなサポートを行うものです。この活動は愛媛FC事務局のご了解を頂いて行うものですが、愛媛FC事務局は関与されませんので、ご連絡は必ず愛媛サポートクラブまでお願いいたします。

  • 愛媛FCグッズ売店(メインスタンド側1か所のみです)営業開始時点よりハーフタイム終了時まで、グッズ売り場のレジスタッフがお申込みを受け付けます。あらかじめ代表者の氏名、乗車人数、相乗り可否、携帯電話番号をどんな用紙でも結構ですのでお書き頂いたものをお持ちいただき、スタッフにお渡しください。いただいた情報は本活動のみに用います。事前にツイッター、Eメールでもお受けいたします。この場合はグッズ売店にご来場なされたことだけお名前とともにお知らせ下さい。台数確保のため、できるだけ事前にお申込み下さい。
  • 当クラブが取りまとめて地元のタクシー会社(森松交通様を予定)にご連絡し、必要な台数のタクシーが試合終了時間に中央駐車場(下記地図参照)に待機しているように手配いたします。
  • 試合終了時点から15分以内にこの待機場所にお越しください。(ロスタイムなどにより試合が長引いた場合でも遅くとも18:15には出発できるようにお越しください。)プラカードを持った当サポートクラブスタッフにお名前を告げて下さい。待機場所に到着順にご乗車いただきます。相乗りご希望の場合は、2人〜4人間で当クラブスタッフにより割り当てさせていただきますのでご了承ください。お申込み順や人数の関係で、相乗りのご希望に添えない場合もありますので、あらかじめご了承ください。タクシーは予約をいただいた台数だけ呼びます。ご予約をされた場合は必ずご利用ください。
  • お支払いは各自、(相乗りの方とのわりかんも含めて)タクシー内でお願いいたします。空港までの料金の目途は3,800円程度です。(定額制ではありません。) お支払いに当サポートクラブは関与いたしません。渋滞などによってこれより多くなる可能性もあります。
  • 予め複数社におおよそ手配可能な台数を確認しておきます。この手配可能な上限台数をもって締め切らせていただくことがありますのでなるべくお早目にお申込みください。
  • お申込みの際に、待機場所の地図と当サポートクラブスタッフの連絡携帯電話番号・携帯メールアドレスを印刷した紙をお渡ししますので、必ずご乗車までお持ち下さい。
  • 当日、飛行機の羽田に向かう最終便はJALは19:45発、ANAは19:35発のようです。ニンジニアスタジアムから空港へはある程度渋滞を見込んでタクシーで45分程度かかると思われます。このサポートをご利用になり、渋滞等で飛行機の便に間に合わなかった場合の責は当サポートクラブでは負えませんので予めご了承の上、ご利用ください。事前に集合場所等確認の上、お急ぎ下さい。
  • 当日、スタジアムからは松山市駅・JR松山駅行きのバスが運航されますが、これをご利用になって空港に向かわれると羽田行き最終便に間に合わない可能性が高いためご提供するサポートです。お帰りに高速バスをご利用の方はお問い合わせください。
  • 当日手配可能な台数には限りがあります。確実に手配されたい方は、その旨を前日までに下記メールアドレスまでメールでお知らせください。(代表者の氏名、人数、携帯電話番号をお伺いします。当サポートクラブからの確認の返信を持って受付となります。)ツイッターでお問い合わせ、お申込みの方には個別にご連絡を差し上げます。
    Eメール: orange[at]ehime-support.net ([at]を@に置き換えて下さい。)
    ツイッター: @efck http://twilog.org/efck/
  • なお、この活動は、このたび、記念すべきJリーグ最初の試合に、ご不便なところをはるばるご来県頂くことに加え、全国各地に私どもがお邪魔した際に、オ〜レくん、たま媛ちゃん、伊予柑太、一平くん達にとてもよくして下さることへのお礼も兼ねて行う活動になります。一切、営利を目的としておりません。また、このようにしないと、遠方から来てくださるお客様がお困りになってしまうような立地・アクセスにスタジアムがあることを関係者の方々に再度ご認識いただきたいという想いもございます。
  • 昨年の活動の様子はこちらをご覧ください
     千葉サポーターの方々への「空港までのタクシーご乗車サポート活動」ご報告

タクシー待機場所:


You may also like...