日本サッカーの指導指針


foot001さんのお話を受けて、すこし考えてみました。ということはトラックバックを使うといいんだっけ。

私は協会の指導指針には賛成です。S級ライセンス取得者の方とお話をしますが、その内容もよいと思っています。

ただ、もっと人数の多いC級コーチ、B級コーチレベルの指導指針の受け取り方に問題があると思っています。

指導指針の発信内容が日本のトップレベルのフィードバックである以上、その時々のトップチームの現状が指導内容になるのは当然で、それが方針がないということにはつながらないと思います。

そもそも指導というのは、個人のパーソナリティの部分が必要とされます。そしてチームスタッフの組合せです。練習メニューがいいから強くなるというものではないのです。

トレセンコーチに多く見られるのは、あんな練習しているから勝てないんだ、勉強してないね。などという言葉を聞くことがいう人です。

指導指針こそを正しいものとして、それを追いかけていることこそが正しいことと認識している。
S級の講習内容ではこうしなさいという講義はなかったそうです。しかしながらその下のカテゴリーではこうしなさい、こう教えなさいと内容で伝わってきています。まさに文科省の構造です。これはこれで底上げにはつながっていますが、県トレセンレベルの指導者は自分のスタイルを構築するべきだと思っています。

まとまらないなー


You may also like...

4 Responses

  1. foot001 より:

    SECRET: 0
    PASS:
     何度も読んでるうちに噛み締めてわかってきました。
     私も協会がJリーグの監督を、S級ライセンス保持か、海外のそれに準じたライセンス保持者に限定していることや、日本サッカーの振興に貢献しているライセンス制の、意義とその取り組みには、たいへん賛成です。

     しかし、サッカーファンの最大の?関心事である代表監督選定の方法が、長期的強化プランに乏しい。これは日本のような早くキャッチアップしなければならない国には問題です。

     トルシエ氏からジーコ現監督に変ったからといって指導指針の発信内容がころころ変更になっていては、C級、B級コーチレベルの人たちの中には混乱している人も確かにいると思います。

     もっとも、仰る通り、どのレベルのコーチもそんなことで混乱せず、しっかり指導者として自分の指針を確立すべきです。

     ただ、前述されたように協会の指針にしたがって勉強してきたタイプの方も今は多いと思います。私はその方たちがおかしいとばかりも思えないのです。ああしなさい、こうしなさいで育った人は自分で挑戦しようとはしなくなりますから。

     ipizumiさんのような方がまずこのようなコーチの方々の中で困って聞いてくる人がいれば、誰も教えてくれないんだよ。自分で育んだり、経験、研究でしか得られない事があるんだよ。 と、いうことを伝えて欲しい。自分で本当に頑張って苦労している人には、少しヒントを与えてあげて欲しい。

     私もipizumiさんにずいぶん教わりましたから。

  2. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    foot001さん
    指導指針は変わって当然だと思います。というか変わらなければダメだと思います。
    オランダにしろフランスにしろ国を挙げた信じられないくらいよくできた強化指針があります。それをもってしても例えばエメ・ジャケから監督が変わればフランスも勝てなくなった。オランダもその例に漏れていない。スペインもしかり。
    変更になっていると捉えるとコロコロ変わっているように感じますが、私は変わっていないと思っています。

    壁にぶち当たった人はいつでもここに来て欲しいですね。私も偏った考えであることは否定しませんが、ヒントにはなると思います。困っている人がいたら連れてきてください。

    今日は越谷で実際にコーチの会を行います。参加もOKですよ。

  3. foot001 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ipizumiさん ありがとうございます。
     実は過去に3、4名以上のにわかコーチの方に、ここのサイトの方(ipizumiさん)に相談するように、ここのURLだけ教えてきました。私の励ましの言葉を書いた後に必ず追記して。

     おそれいりました。私はipizumiさんの話をいろいろうかがうまでは、日本もフランスのように国を挙げてジュニアからA代表まで続く一貫した国家プロジャクト指導体制を・・・と考えていました。でも、今思うとそれでは盲目的、独善的過ぎて、フランス式はやり方の一つくらいにしか思わなくなりました。
     越谷って埼玉県越谷市じゃないですかぁ、迷うけど、今はちょっと行けませんよ、行きたいけど。

     それと、富士山の近くの高校のサッカー部にコーチ無しでやってる部長がいて、相談を受けたけど、メニューも対戦相手も合宿も全部自分たちでやれって言っちゃったんですよ。代表の坪井はそうしたからって。その後気になるんですが、そんな返答内容で良かったんでしょうか。

  4. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    foot001さん
    若いコーチと話しました。
    やはり経験しないとこのような話にはなっていきません。少年サッカーを教えれば結果を見ることなく選手を判断することになります。中学生もしかり。全てのカテゴリーで思い悩まなければ日本の指導者のレベルアップはないと思います。
    役割分担ではなく、10年かけてでも全てのカテゴリーで結果を求めることです。それ以外に指導者の成長はないように思えます。

    あと、サッカー部の部長の件ですがそれは本人が決めることですからいいのではないでしょうか?何もなくて他人の責任にすればそれまででしょうし、諦めなければそれなりの結果が出ると思います。仕事でもそうですよね。

コメントを残す