好調不調、表と裏


前回愛媛のホームで完勝したのは草津、素早いプレスで愛媛の中盤は崩壊した。今回草津のホームでは全く逆の展開となった。愛媛は苦しい時期を乗り越えて、メンバーもほぼ固まり、バリエーションが増えてきた。

前回の対戦で草津の怖さは身にしみていたはず。だからこそ昨日のようなゲームができたのだと思う。次節は四国ダービー、昨日の調子を維持するのは難しいもの、気持ちを一度リセットして、開幕戦の悔しさをぜひ晴らして欲しい。

今回勉強になったのは草津のサポーター、これに関しては残念ながら差をつけられていると言わざるを得ない(あれだけブーイングしなくてはいけないほど内容は悪くなかったと思うのだが。。。)。スタジアムの立地もいいとは言えない、駐車場も遠い、でもあれだけの観客が集まって一体感を出している。スタジアム周りもすごくいい雰囲気だったと思います。地域を巻き込んだイベントは良かったです。


You may also like...

コメントを残す